TOP中古タイヤの検品についてオーダーフォーム入力方法配達日時お支払方法離島地域返金・交換の条件

出品タイヤかんたん検索!組換えのご案内持込みタイヤ交換工賃タイヤ・ホイール買い取り タイヤ交換予約はコチラ

中古タイヤが商品化になるまで
      1本1本 手洗い〜タイヤ溝の小石取り〜タイヤ表面・サイド部分まで厳しくチェック!!
      当社基準検品をクリアしたタイヤだけをお客様にご提供しております。               

  • 手洗い
  • 目視検品
  • 小石取り
  • タイヤトレッド面・サイド部分

   検品を経て、(左画像)エアー漏れ点検器にて

最終点検となります。

   エアー漏れチェックの検品を致します。

10インチ〜20インチまで対応可能。

タイヤのインチに合わせ、タイヤを両サイドから挟み込みセット致します。

1本1本この機械を使いチェックしていきます。

 

タイヤをセットした後

3〜4MPa空気圧を入れます。

ホイールにタイヤを組み込んだ状態です。

 

水中でタイヤをゆっくりと回転させ

・サイドウォールのふくらみ

(縁石などにぶつけてしまった時などに起こるタイヤ内部のワイヤーが切れていないか?)

・タイヤトレッド面のパンク・キズ

(釘などの異物が刺さっていないか?またその部分からエアーが漏れていないか?)

を調べています

エアー漏れを発見致しました。

エアー漏れがある場合

画像のようにブクブクと気泡が出てきます。

※トレッド面の場合、パンク修理が可能の部分でしたらパンク修理を致します。

※サイドウォールの場合、修理は不可能なため商品として扱っておりません。

 


 【検品・工程】動画はこちら

【エアー漏れチェック中】 

パンク穴がある場合

 
 
▲ページの先頭へ